20200918 ボウズ逃れで魚すくい!?強風の本牧海づり施設へ!

『捧げよ〜 捧げよ〜 心臓を捧げよ〜♪』  (進撃の巨人)

Gです。

今回は今期初のボウズを捧げる覚悟の釣行です。

僕の中での横浜市内の釣り場のイメージは

横浜沖堤:釣れるけどお金かかる、飲み物とか準備大変、風とか波強いと怖い( ;∀;)

大黒海づり施設:入れても動けなそう

磯子海づり施設:早く閉まっちゃう、釣果がいまいちそう

根岸港、ふれーゆ裏:釣れなそう、人多そう

みなとみらい:観光客ゥ!

本牧海づり施設:近くて行きやすいけど最近の魚影は…?

という感じ。

この日は強風ということもあり、沖堤は怖い・・・

せっかくなので本牧海づり施設の調査へ!

事前調べでは激シブとのことだったけど、俺なら釣れるんじゃない!!

(どこから湧いてくる自信なんだ(;・∀・))

【日時】2020年9月18日 13時半-19時

【場所】本牧海づり施設

【天気】晴れときどき曇り

【潮】中潮

【メインターゲット】ヘチ釣りでクロダイ、シーバス、メジナ

【サブターゲット】その他小魚

わりとしゃれにならない強風なんだぜ(;・∀・)

行く途中、大黒海づり施設の釣果情報をチェックすると、何やら気になる情報が。

マゴチが、すくわれ・・・えっ??(;・∀・)

大黒行けばよかった??いやいや、俺の目標はマゴチを釣ることだから・・・

さして気にせず本牧へ向かいましたが、これが後の伏線になっていたとは、このときは知る由もなかったのです・・・。

売店にて、前に並んでいた女性と店員さんとのやり取り

女性「網ってありますか~??」

店員「これですかね、5000円(確かそれくらいだった)になります」

女性「じゃあください!」

5000円(確かそれくらい)もする網を、スペックも調べずに即買いするのか??

そんなに釣れているということか??

期待に胸をふくらませつつ、釣り開始!

そして釣り始めて気づきます。

魚が浮いていることに・・・。

写真撮るの下手すぎ、もうブログやめとけよ(;・∀・)w

分かりづらくて申し訳ないのですが、見た感じ、カサゴ、メバル、マゴチなどの、遊泳力の低いと思われる小魚が水面を泳いで(流されて?)いきます・・・

たまに大きいのもいるようで、必死ですくい上げる人たち。

今日の目標は大きい魚を釣ることだから、がんばってすくわなくてもいいか~・・・

と青イソメでのヘチ釣りを続けます。

14時・・・

15時・・・

16時・・・

一回のアタリもなく、無情にも時が流れていきます。

「ここほんとに魚いんの?」という、釣れないとき釣り人が必ず口にするであろう決まり文句を言いたくなりますが、目の前に浮かんでいる小魚たち

ちなみに、魚やタコをすくっている人は多々いましたが、魚を釣り上げている人は見られませんでした(;・∀・)

17時・・・

18時・・・

相変わらずアタリは一回もなし。

イソメが切られたり、短くなったりすることすらなし。

もはや釣り人というより、イソメを付けた糸を海に垂らし続ける人と化していました。

辺りが暗くなり、釣りを続けますが、時折水面がライトで照らされます。

さすがに人が釣りしてるときに、水面をライトで照らすのは・・・と思ってしまいましたが、多勢に無勢。

長い物には巻かれろ。

世の中、多数が正しいときって、ありますよね。

大きいマゴチをすくいあげてはしゃぐ若者たち。

悠々と水面を泳ぐ大型のタコたち。

『節子、ここはもう本牧海づり施設やない。本牧魚すくい施設や~!!』

(※脳内再生です)

18時半前、釣り竿を片付け、タモ網を担いで最後の悪あがきに出ます。

タコ!こちらは持ち帰りました。
ちびカサゴ!こちらは即リリース。
何の魚だろう・・・?リリース。

おばちゃん「兄ちゃん、あっちに大きい魚泳いでいったよ~!」

G「ありがとうございます!!」

・・・・・・

受付のおじさん「今日はなにか釣れましたか?」

G「タコを一杯、すくっただけです・・・。」

釣行終了!( ;∀;)

【今日の釣果】

No Fish !!

【今日の採捕結果】

・タコ 1杯

・カサゴ 1匹

・謎のフラットフィッシュ 1匹

【これまでの釣果】

5目:キス、タコ、ゴンズイ、コショウダイ、カサゴ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です